想々綴り

日々感じたことや考えていること、,.その時々のマイブームやお楽しみ、散歩の記録も含めた雑記ブログです。

冬の花散歩にて


f:id:Tekubura:20210115092631j:plain



先日





春を告げるコブシの木や、

これから開花する梅の花芽を確認。

もう、桜の蕾も春の準備を開始しています。




植物たちをみていると、その存在はただ、佇んでいるようでも、気が付かないうちにその内面は、

目に見えないけれど、むしろ劇的な動きと変化の日々なのかもしれないと感じます。




f:id:Tekubura:20210115094223j:plain




人はそんな植物たちのいいとこ取りのその瞬間の為に、待つ日々を送っているように感じます。




まあ、人も大きく括れは生き物。


植物と同じ様に、四季の呼吸に合わせてもっと自然体に過ごすことができれば、本来の在り方に気が付くのかもしれません。






散歩に出ると浄化されるのか、普段は考えないようなことが湧いてきたりするものです。



これも散歩の効用でもありますね。




f:id:Tekubura:20210115094624j:plain


公共施設内の散策路は、四季折々の木々と植物が植えられています。

一周約1.8キロ程度。




フィットネスも閉鎖となりましたので、
屋外施設を利用しての気分転換も取り入れながらの
マイ散歩です。




今回のお目当ては、⇩





f:id:Tekubura:20210115094725j:plain




ロウバイの花を見ること。




梅のように見えますが、
黄色がかった花色で、

ちょうど今頃
1月初旬から中旬にかけて咲く花です。

(地域によって差があるでしょうけれど)

香りがあると思い、マスクをズラして嗅いでみましたが、


無臭!?

確かに立て看板にも、ロウバイとの説明がありましたが、散策路のあのロウバイたちは、香りがなかったですね。


それでも、花の少ない時期に

ロウバイ

ロウバイ


と意識して歩くていくと・・


いつの間にか一周歩き続けていましたしね。


途中寄り道しながらですので、
軽い運動にもなりました。


この日は植物的な気持ちになって、ただただその時を感じてみました。


こんなひと時も時には必要ですね。







アカウントのアイコンも変更しました。

f:id:Tekubura:20210115103142j:plain