想々綴り

日々感じたことや考えていることを綴る雑記帳

いいね?!のお話


石田さんちの千恵子さんが、発した名言!

いいねがなくても生きていける



このきっぱりと言い切った姿に画面に向かって拍手を贈りたいと思った。


しかし、同感しながらも、ふと我が身を振り返った。


f:id:Tekubura:20201016173730j:plain



確かにブログは、いいねを受け付けずに継続してきた。アメブロでは、交流目的の印としてアイコンが貼れる。

ただ単にいいねと伝えたい場合もあるだろうし、マークとして残す場合もあり、Twitterなどのいいねよりは、遥かに狭い世界での交流の為かもしれない。


私も訪問の印として付けては来たけれど、どこかにこちらのブログにもお願いね!の気持ちも含まれていたりする。リアルな生活の中でのやりとりでもそのあたりは気遣いながらの部分があるのに、日常と非日常の中間の心地よさのあるブログの中でも、右往左往しなければならないのか・・

アメブロを続けながらも常に頭の中は????ばかり。

繋がることも目的の一つだけれど、そればかりじゃない。

もっとシンプルでいい・・



読みたい人が読むものであればいい・・


そう考えるとTwitterの拡散も拡散の輪が広がりすぎてなんだか大混乱・・
ということでTwitterアカウントも削除して閲覧だけのものに取り直した。

その意味ではいいねがなくても生きていける・・
ただし・誰かの気配がそこにあってほしい・・もちろん・・好意的な気持ちを持ったり、テーマに関心を持ってくれた人が気持ちよく読んでくれるのが理想。

公開の意味はそこにあったりする。