想々綴り

日々感じたことや考えていること、お楽しみや散歩の記録も含めた雑記ブログです。

椿開花と梅見


f:id:Tekubura:20210301054716j:plain

神社へ受験が無事に終了した報告もかねてのお礼詣り



御守もお祓い所に納めてきました。

今回は、受験生本人も同伴です。


f:id:Tekubura:20210301055211j:plain

斑模様の椿は、おみくじの結び所に咲いています。




蕾であった椿が、一斉に開花している様子に、時の流れを実感



f:id:Tekubura:20210301055604j:plain


かなり奥まって、しかも高い場所に咲く白い椿、角度が難しく明暗ありますがご勘弁







さて



日射しが西日に変わる頃、改めて梅林公園へと足を運びました。


河川敷の駐車スペースに車を止めて少々歩きます。


f:id:Tekubura:20210301060558j:plain


車のない土手を歩きたかったのですが、行き止まりだとわかり、引き戻ることにしました。


見事なしだれ梅が沿道の個人宅の庭に見えましたね〜。撮影できないのが、本当に残念な程です。






梅林公園も、前回は開花していた木は少なかったのです。もともと早咲きの梅が少ないのでしょう。


それでも、記憶にある早咲きの梅の終わりを見つけると、またここでも、時間の動きを感じました。










見頃を迎えた梅の開花に、あたり一面が包まれている空気感は、満開ならではの味わいです。


f:id:Tekubura:20210301062024j:plain







f:id:Tekubura:20210301061230j:plain





これは、同じ木に白梅紅梅両花咲いていたので写してみました。





日が落ちる前に日射しを意識しながらの、花散歩です。



f:id:Tekubura:20210301061847j:plain


梅の種類のことは、よくわかりませんが、
白加賀が中心で梅干しでお馴染みの南高梅の案内もちらほら。


f:id:Tekubura:20210301062447j:plain


少しずつ花色の違いがありますね。


f:id:Tekubura:20210301062613j:plain







そろそろ日射しがやわらぎ、薄暗さも出て来ました。






f:id:Tekubura:20210301065734j:plain




ゆっくりと梅見も出
来た日となりました。







今日から3月です。




・・・・・・・・・・・・・

お立ち寄り有難うございます。はてなスターを目安にブログ訪問をしています。

続々コロナ禍での大学受験を振り返って③

 これまでの流れ↓

tekubura.hatenablog.com

 

 

 ②↓

tekubura.hatenablog.com

 

 

 

 

 

昨年末を受験校決定のタイムリミットにし、なんとか今後の予定が見えてきた年明けとなりました。

 

☆大学見学もままならない状態だった

 

唯一気がかりだったのは、1校・・足を運んでいない大学を受験することでした。

 

これまでの投稿をお読みいただいた方はお分かりだとは思いますが、

 

ハードな部活に在籍していたため、大学見学は高2の学校の課題と出されたレポートを書くために見学した大学数校と、コロナの中、大学前まで足を運び、大学案内をいただいてきた数校・・

 

年明けには再び感染者が増加してきたことや、受験までの健康管理を考え、1校下見に友人と行くというのを取りやめた経緯がありました。

 

共通テストまであと2週間と迫った時期にわざわざ行くのはどうにも賛成できなかったのです。

 

コロナ禍での大学見学もほぼオンラインに切り替わりましたし、

 

我が家の受験生にとっては寸暇を惜しんで?勉強をする必要もあったこともありました。

 

昨年9月の段階で指定校推薦2次推薦を出せば、一般受験はせずに大学に進学できた可能性は高かったのですが、

 

こうしてもう一度方向性を考えながら目標に向かって学力をつけることができたことはよかったのではないかと思ってもいます。

 

とはいっても

 

 

すべてに対して後手後手状態が続き、いよいよ私大受験へと突入です、

 

私自身もコロナということや自分の体調管理をすることも大切だと思い、休日の車移動による散歩とご近所散歩のみにし、仕事と所用で動く日々が続いていました、

 

しかし

 

2日後に迫った私大受験の頃・

 

歯が痛み出しました・・私ですが。

 

抜歯は避けたいとおそるおそる歯医者へ行ったのですが・・

 

歯肉炎ということで抗生剤を飲み、洗浄消毒をして痛みからも解放・・

ほっと一安心

 

それからは家の断捨離をし始めたでしょうか・・整理整頓が心を整えることにもつながったようです。

 

雪・交通機関の乱れ、体調不良に見舞われることもなく無事に私大受験を終えることができたのが何よりでした。

 

 

しかし受験したからには付きまとうのは

 

☆結果発表

 

1校目は入試期間に合否がわかりましたが、

「まとめてみるからみない」とは当人・・

 

私もマイページにログインすれば確認はできましたが、まずは本人が最初に見るものという気持ちもあり・・気になりながらもその日は過ぎていきました。

 

 

しかし翌日・・

生協の配達かと思って玄関を出た時に、「郵便です」と書留が手渡されました。

 

 

ああ~合格したんだと末っ子の部屋へ封書を持っていきました。

 

親のほっとした気持ちとは裏腹に‥なんとも冷静?な末っ子・・

 

兎も角合格をもらったことで勢いをつけて最終日までたどり着いてほしいと思ったのです。

 

さて一つ合格をもらうと、今度は納入期限が気になります。発表とカレンダーをにらめっこをし、なんとか入学金を納めずに最後まで合否を確認できました。

 

 

 

 

入学金はいわば手付金のようなもので、納入しなければ入学の意思がないとみなされ権利が奪われてしまいます。しかも返金はありませんしね。

 

近年は私立大学定員の厳格化により、水増し合格者も出さず、補欠合格が増えていることも知りました。

 

ですから末っ子受験の場合にはある程度「捨て金」の覚悟もして合否結果を待つ日々が続きました。

 

 

さて・・その受験生当人は、受験後の「手応え」を聞いてもどうもあいまいな返答ばかり・・

(以前からそういったところがあります。

定期テストでも満点に近くないとできたとは言いません)

 

しかし抑え他合格をいただく度に、欲もでてきたのか自信にも繋がっっていったのは伝わってきました。

 

 

f:id:Tekubura:20210227082530j:plain

 

 

☆ほっと一安心

 

親は浪人回避の方に安堵感を感じるだけで、**大学に行ってほしいという希望はあまりなかったのですが・・本人にはそういった意識はかなりあったようです。

 

最終的にはある程度本人も納得できる大学(第1希望ではなかったですが)に進学することに決定しました。

 

その際にも意思確認をしっかりしてから進学先に入金を済ませ、入学手続きを進めています。

 

 

これまで4人の大学受験を経験してきました。面白いことにそれぞれの経緯があり違いがあります。

 

経験して知識として入試の流れを知っていることは役に立ちますが、

 

近年の受験事情などは変化をし続けています。

 

 

次男の大学受験からすでに7年が経過している間に、センター試験が共通テストに変わり、その第1号の年に末っ子が大当たりしてしまいました。

 

しかもコロナによる休校や授業部活の遅れ、行動の制限も加わり受験生にはかなりリスキーな年になりました。

 

しかも私大入試が定員の厳格化により難化傾向にあることはどこの予備校や塾にいっても言われ続けていたことでした。

 

 

上3人の時とは違うことを認識した上で、上の子たちにも「みんなの時代とは大学受験は違っているのだからあまり自分目線で情報を伝えないでほしい」ことは正月にうちに集まった際に伝えたことでもありました。

 

そのためこの約2か月は上の3人からも連絡があまりなく静かに見守ってくれていました。

 

 

進学先が決定したので家族のグループラインに本人から報告!

 

特に長男とは大学は違いますが

同じ法学部ということでいろいろと伝授をお願いしたいと思っているところでもあります。

 

 f:id:Tekubura:20210227082214j:plain

 

 

長文お付き合いいただき有難うございました。

はてなスターを目安にブログ訪問をしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続コロナ禍での大学受験を振り返って②

tekubura.hatenablog.com




短い夏休みも終了し、本格的に通塾も始まりました。


大学受験のスタートとしては、ギリギリの時期ではあることも承知の上で、あとは、本人の頑張りを見守るしかありません。


かといって学校や通塾の時間にあれこれ思いを巡らせて、がんじがらめになるのは、本意ではありません。


平日休みには、マイ散歩を実行し自分時間も充実させました。


f:id:Tekubura:20210226185042j:plain


ちょうどその頃、ブログについても見直しをし始め、このブログを立ち上げました。



f:id:Tekubura:20210226185210j:plain

それまで、日常の中の楽しみの中心だったカテゴリーについても、考えている最中でしたので、 


私自身も受験生同様!?これからのブログや生活を整えながら、前進しようと動いていた秋でもありました。



11月に入り、塾での面談そして学校での三者面談などもありました。


我が家は、上3人とも現役で大学へ入学し、自宅通学で卒業をしました



進学の条件として、受験時には自宅通学は伝えてきました。



それぞれのご家庭の事情や考えもあるでしょうが、4人を進学させることを考えれば我が家にとっては必須条件でもありました。


末っ子に関しては、コロナ、部活と状況が違うことや、本人の性格、またこちらも同じ年頃の親世代よりも、長く生きている分、末っ子を支えるバックボーンに不安がある世代でもあります。



大学選択については、口を挟まずにいましたが、

本人は、学部選択も迷っているところもり、尚かつ学校の面談でも、抑えの大学選択の再検討の話が担任の先生から出ましたし。


兎も角自信がない、


だからかなり実力より低めの大学名も受験校として記入したようです。

親として、
この時ばかりは考えさせられました。



まあ、浪人も視野に入れて受験校の見直しをし、結局大晦日まで時間をかけて、


ようやく日程を組む事が出来ました。



末っ子も、かなり熟慮したのでしょう。

学部も、最終3学部受験となり、自宅通学可能な大学を日程と、
入学金納入日との日にちと照らし合わせてなんとか決定!


ようやく年越し出来る状態になりました。


f:id:Tekubura:20210226192009j:plain


続く



・・・・・・・・・

お立ち寄り有難うございます
はてなスターを目安にブログ訪問をしています。

コロナ禍での大学受験を振り返って①

 

 

我が家にとっては最後の大学受験を無事に終えることができました。



(末っ子は4番目の子で上3人も大学受験を経て社会人となっています)

 

 

受験ブログのカテゴリーなども時々は覗きにいくことはあっても、その方向に傾くことなく「わたし」の想うことなどを投稿してきました。

 

思うに・・

 

大学受験に特化した記事を投稿することでメリットもあったでしょうが、


これはリアルな生活の中で考えたり進めたりすることだと思い、ブログとしては取り上げることはあまりなかったでしょうか・・

 

 

さて

 

末っ子の進学先も決まったということで、忘れないうちにざっくりとこれまでを振り返ってみたいと思います。



 

 f:id:Tekubura:20210225163308j:plain

 

☆昨年の緊急事態宣言下での急ブレーキの時期

 

高校進学の際も、特に部活動については考えずに選択しましたが、中学で継続していた部活を高校でも選択しました。

 

その部活動がそれなりのハードな部活動で、(うわさでは聞いていましたが、まさか末っ子が選択するとは思わなかったのです)ほぼ休みもなく、まさしく部活部活の毎日でした。

 

私は部活動に関してさほどの思い入れもなく、協力はしましたが、本人次第というところでの見守りのスタンスでした・・

 

ほかの保護者の方は、その部活に入ることも高校入学の目的であった方も多く、温度差をかなり感じながらも、本人が続ける限りはという思いで学校生活を見ていました。

 

ですから大学受験に関しては、微塵も話にも出ない・・日々をこなすことだけで高3に突入・・

 

センター試験が共通テストに変わることも知ってはいました。


大受験で英検などを取得する方が有利になることもわかってはいましたが・・

 

こちらもあまり多くの情報を持たないようにしていました。

 

情報を持つことで親だけが焦りを覚えるだけだと想像できましたし・・

 

さてそうはいってもいろいろと決定する時期が迫ってきます。

 

 

☆急遽決まった引退試合

 

当初は高3の6月が引退試合になるだろうと予測はしていましたが、昨年の緊急事態宣言で休校となり、

 

これまでとは一変・・いきなりの暇状態になりました。部活も学校も


なんにもな~~し

 

かといって部活動の決着もつかず・・

春に予定されていた

進路説明会も中止。

進路指導もストップ・・



情報は遮断され、本人もなんだか宙ぶらりんな状態が続きました。

 

このまま引退試合もなくこれからどうなるのか・・という最中・・


学校が再開しましたが、


本人宙ぶらりんのまま

学校での個人面談・・

 

 

今ある成績の中で


ひとまず指定校推薦を出せる程度の成績はあったので、出すものの・・


ここ数年の安全志向で指定校推薦を希望する生徒が多くなったようですね・・

 

さてその結果を待ってばかりはいられず・・本人もやっとエンジンがかかったのか・・招待模試を受けたり塾情報を得たり、友人から話を聞いて一般受験に向けて動き出しました。

 

 

指定校推薦は大学リサーチが私的にはかなり甘いと思っていたし、まあダメ元でと思ってもいたのであまり期待せず・・

 

入塾に関しても大手の予備校での説明に不信感を持ち入塾をお断りし、


親も何度か面談に向かい、個人指導のとある塾でお願いすることになりました。


夏に入塾をして一般受験にシフトしつつ結果を待ちながら・・

 

急遽決まった引退試合に向けて部活をしつつの、なんとも慌ただしい夏を過ごしました。



 

コロナの影響で授業時間の確保のため夏休みも短く・・



受験生としてはかなり厳しい秋を迎えることになりました。

 

続く・・

 

 f:id:Tekubura:20210225163559j:plain

 

 

お立ち寄りいただき有難うございます

はてなスターを目安にブログ訪問をしています。

 

 

変化の先には


近頃は、

お片付けと断捨離モードへ突入です。


f:id:Tekubura:20210223104320j:plain

受験用の参考書や赤本は、売るモノと寄付するモノ、不用品とに分けて、これまで空かず!開かず?の棚から振り分けて、

先日の資源回収日に出したところです。


その後は、衣類や雑貨の断捨離となり、
処分を待つばかりです。



これまでも、事あるごとに断捨離を重ねてきました。



それがいつの間にか習慣化され、思えば節目のこの時期は、断捨離タイムを必ず作っています。




その流れの中、私自身も


アメブロのIDをリニューアルし、交流のある人との連絡用に使い、公開記事はこちらのブログに一本化しました。


Twitterは、ログアウトしアプリを削除しました。情報は検索で入手すればいいと割り切れましたし。





情報やネットの断捨離も順調です。



近頃は、断捨離ブーム到来とばかりに、

これ要らないな


そう感じ続けていながら手放せなかったモノをササッと手放しています。





生活することは、小さな変化の積み重ねでもあると考えれば、


その変化に逆らわずに、整理し手放した先に、心地よい日々があるように思えてきました。


f:id:Tekubura:20210223112835j:plain


お立ち寄り有難うございます。

はてなスターを目安に
ブログ訪問をしています。

知って尚実感途上!! 脳にいい散歩術 ~歩くことで、脳では何が起こっているのか~|さんたつ by 散歩の達人

 

 

これまで日常の中で、楽しみながら心身ともに良いこと探しを発見する日々が続いていたように感じます。

 

 

 

その中

 

「これは続けていこう」と実行していることが「マイ散歩」になります。

 

 

時折散歩については、記録とともに記事投稿をしてきましたが、

 

何故マイ散歩にたどり着いたのかと思ったのです。

 

 

簡単に言ってしまえば

 

簡単

安価

いつでもどこでも

自分次第で自由に計画実行できる

 

その上で、興味のあるものを見る楽しみや時には味わう楽しみも含めることもできます。

 

いわば小旅行的な役割も含まれているというわけです。

 

 

 

ご近所散歩から交通機関を使った半日散歩まで、それを全てひっくるめて

マイ散歩と括っているわけです。

 

 

 

そんな中

目に留まった記事がこちらです↓

san-tatsu.jp

 

 

詳細は上記記事を参照していただきたいのですが、

 

 

脳には8つの系統があり、「脳番地」がそれぞれの働きを担いながら伝達しあっているそうです。

 

特に散歩をしていると五感をフルに活用している・・

 

特に納得したのが、

「眼球運動」

盛んになるということ。

 

スマホやパソコンテレビなどで酷使する目を散歩中は十分に動かすことでこわばりが少なくなる・・

 

体も心も緩めてあげる・・

 

 

散歩に出るといい睡眠がとれるのは、体だけでなく頭も心もすっきりとするからという部分は

特に実感しているところです。

 

 

ということで・・早速

 

 

 

庭園散歩

 

 

 

 

 

 f:id:Tekubura:20210221102422j:plain

 

 梅の花を探しながら、スマホ片手に日本庭園をゆっくりと歩きます。

 

 

相変わらず結婚式の前撮りや卒業記念の袴姿の女性も来園していました。

 

 

眼球運動もこの時とばかりに、張り切ってしています。

 

 

 

梅はまだ、満開ではありませんが、

春の芽吹きが感じられて、春に向かう空気も感じられます。

 

 

f:id:Tekubura:20210221103139j:plain

 

 自宅での草花の楽しみとは違う、散歩での解放感の中だからこその感覚がありますね。

 

 

満開の花も華やいではいますが、

こうした蕾と開花の対比を同じ枠に収めたくなる、

 

花の移ろいをも楽しむ

 

f:id:Tekubura:20210221103634j:plain

 

 

そして、また歩きます。

 

今は目には見えないけれど、しだれ桜や藤棚の木々を見ながら、また今は枯れ木のあじさいを眺めながら、

 

四季を感じられる今と、これからに気持ちも豊かになるようです。

 

 

 

 

秋から冬の頃は、

竹林の清々しさが若干寂しげに見えましたが、

新緑の時期に向かって、

また清涼感をも感じさせてくれるのでしょう。

 

 

f:id:Tekubura:20210221104013j:plain

 

 

大学入試も無事に終了し、

 

後はどちらになるのか、

 

進学先が決まるのを待つばかり、となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視界良好!晴れてるうちに・・

 

 

日課の断捨離は

 

ひとまず置いておき・・

 

 

 

 

せっかくの平日休みなので

散歩に出ることにしたのです。

 

 

とはいっても・・

 

 

 

目的のない散歩は私にとっては、

 

どうもわくわく感が

乏しくなるので・・

 

 

 

電線のない広い空が見える場所」をテーマにしてのマイ散歩にしました。

 

 

 

 

 

 f:id:Tekubura:20210217154722j:plain

 

風はまだ冷たいけれど、花粉症でもあるのでこのくらいのお天気の方が有難いかもしれません。

 

 

時々マスクをしながらも、

 

深呼吸しつつ、

 

視界の広がる場所へと歩きます。

 

 

 

 

行く先々には、椿や白梅がそれぞれのペースで開花しつつありますね。

 

個人の敷地内の花木ばかりでしたので、画像はありませんが、

 

 

 

 

道端の水仙が綺麗に咲いていました。

 

f:id:Tekubura:20210217155423j:plain

 

 

 

空を眺めたり、足元を気にして草花をみたりと、五感をフル活用です。

 

 

f:id:Tekubura:20210217160148j:plain

 

 

 

気分転換をしたい時は、

 

私はよく空を見ます。

 

 

 

そう

 

ネットを含めて画面を見る時は、

 

かなり姿勢も悪く、うつむき加減です。すると、気持ちまで落ちやすい。

 

 

 

 

ですから、上を見ることを意識しはじめてから、

 

いつの間にか空を見上げるのがお気に入りとなりました。

 

 

 f:id:Tekubura:20210217163134j:plain

 

 

いつもの大木も別の道から角度を変えてみる

 

これまた格別!

 

 

 

帰り道

 

菜の花みっけ〜

 

f:id:Tekubura:20210217161515j:plain

 

うちの菜の花もそろそろかなあ〜

 

等と思いながら

 

歩いていると、

 

 

何やら雲行きが怪しい!

 

 

f:id:Tekubura:20210217161727j:plain

 

 

空はややご機嫌ナナメになりつつありましたが、

 

 

こちらは、

 

 

視界良好!

 

いい気分で帰宅となりました。

 

 



・・・・・・・



お立ち寄り有難うございます。

一期一会を大切にしている為、

はてなスター☆を目安にブログ訪問をしています。